NPO法人 骨髄バンク命のアサガオにいがた 2019年 活動報告

p1050210.jpg骨髄バンク命のアサガオにいがた 10周年記念事業 加茂市文化会館 2019-5-26 p1050224.jpg会長 丹後まみこ 開会のあいさつ p1050229.jpg加茂市長 藤田明美様 p1050240.jpg新潟県立がんセンター新潟病院 内科部長 石黒卓朗様 講演 p1050246.jpgシンポジウム 「ドナーの思い・患者の思いを語る」 p1050268.jpgNPO法人 骨髄バンク命のアサガオにいがた副会長 金子朱実 お礼のことば p1050273.jpg木下ほうか樣、伊勢みずほ樣 著書のサイン会

2019年5月26日(日)

特定非営利活動法人 骨髄バンク命のアサガオにいがた
10周年記念事業
「あなたの勇気を待っている人がいる」

多くの皆様にご来場頂きました。ありがとうございました!








開催日時  2019年5月26日 ()
        13時00分~16時00分
開催場所  加茂文化会館 大ホール (座席数 1,085席) 
        (〒959-1313  新潟県加茂市幸町2-3-5)
         TEL:0256-53-0842

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


第1部 講演 「骨髄移植 命のリレーのその先にあること」
     新潟県立がんセンター新潟病院 内科部長 石 黒 卓 朗 氏


第2部 シンポジウム 「ドナーの思い・患者の思いを語る」


コーディネーター ◇ 大 谷 貴 子 氏


パ ネ リ ス ト    ◇ 骨髄提供経験者 木 下 ほ う か 氏

          ◇ 骨髄移植経験者 須 藤 賢 一 氏
           ◇ アドバイザー医師 石 黒 卓 朗 氏


アルビレックス新潟サッカー選手 早川史哉氏のビデオレターの紹介




【 パ ネ ル 展 】
     ・最期まで生きることをあきらめず闘い抜いた命のパネル展。
     ・全国からいただいた、命のアサガオのお手紙展。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



当会は、設立10週年を迎えたことにより、
10週年記念事業を行うことになりました。

第一部は、
講演「骨髄移植 命のリレーのその先にあること」
新潟県立がんセンター新潟病院 内科部長 石黒卓朗氏

第二部は、
シンポジウム「ドナーの思い、患者の思いを語る」

俳優で骨髄提供経験者である
木下ほうかさんを
お呼びすることが出来ました。

今回シンポジウムのコーディネーターを務める
大谷貴子さんは、
ご自身も元患者さんで、母親から骨髄移植を受けました。
大谷さんは、骨髄バンクを立ち上げるために
奮闘し、骨髄バンクを立ち上げた方です。
今でも、講演会など
精力的にご活躍されています。

骨髄移植経験者である元患者の
須藤賢一さんは、
辛い治療を乗り越え、
双子の女の子と男の子の
パパになることが出来ました。

白血病で、骨髄移植をして元気に選手に復帰した
アルビレックス新潟サッカー選手
早川史哉選手の
ビデオレターのご紹介もあります。

パネル展もロビーで行います。
最期まで生きることをあきらめず闘い抜いた命のパネル展
全国から頂いた、命のアサガオのお手紙展

総合司会には、
フリーアナウンサーの
伊勢みずほさんが努めます。


皆さん、
骨髄バンクは固いイメージがあり、
ハードルが高い・敷居が高い
と思っている方がとてもたくさんいらっしゃいますが、
決してそのようなことはありません。

ただ、
骨髄バンク・骨髄移植・骨髄ドナーってなに?

何もわからなくても大丈夫です。
骨髄バンクを知ることから初めませんか。


詳細はチラシをご参照下さい。

是非皆様お越しください。

お待ちしています!




【 問い合わせ先 事務局高野まで 】 
959-1353 加茂市五番町14-4 
TEL:0256-46-0068 FAX:0256-46-0079
Eメールhello@inochinoasagao.org

高野携帯 090-2447-5144